Round up

Age

3 years

Released:2017-06-07

Available in

1 Countries

of 155 total

Activity

1

last updated: 2020-09-03

Overall Ratings

10 549

with average of 3.4

Global Rank

#348283

Within the Top 51%

Top 25 Overall

0 Countries

Not in any top 25

Global Rank Positions
Description
Read more
【 スクウェア ・ エニックス × トライエース 最新作 Episode3 追加!】
「スターオーシャン」シリーズ最新作がついにVer3.0にバージョンアップ!
待望の新シナリオ追加! 新たなキャラ強化システムやバトルコンテンツなど新機能も続々登場!

星の海を巡る物語と、ド派手な3Dアクションバトルを楽しめる
ハイエンドアクションRPGです。

≪プロローグ≫
宇宙暦539年
時空紋章を巡る戦いより2年――――
銀河連邦とクロノスとの戦後処理も滞りなく完了し、
連邦内は穏やかな平和を享受していた。

そんな中、深宇宙探索を進める連邦所属
GFSS-3214F探査戦闘艦に悲劇が襲う。
探査任務からの帰還中、3隻の宇宙海賊と思しき
戦闘艦の急襲を受け、艦体に大きなダメージを負ってしまったのだ。

多くの乗組員を脱出ポッドによって戦線離脱させ、
艦を守るため最後に残った艦長は緊急亜空間ワープを敢行。
重力ターンと同時に行われたワープは失敗。
眩い光につつまれ、意識は闇に飲み込まれてしまう。

目覚めた場所は連邦の管轄より遠く離れた宇宙。
見渡す限り荒野の広がる惑星の上だった――――

≪エピソード2 プロローグ≫
少女は『故郷から遠く離れた宇宙』に一人、漂っていた―
惑星ランビュランスを蝕む災いを取り除き、ベルダ・クレーマンを仲間に加えたイヴリーシュ達は、
未知の宙域を漂う救命艇から一人の少女を救出した。

少女の名は、ティカ・ブランシュ。
乗艦していた移民船の事故で、宇宙に投げ出されたという。

イヴリーシュ達は、ティカを故郷の家族の元へと送り届けるため、
救命艇のAIが指し示す惑星を目指す。
だが当該宙域に到達し、惑星をスキャンしたコロの分析は、
驚くべきものだった。

「この星はどう見ても未開惑星です」

ティカの故郷が、未開惑星のはずがない。
だがティカの持つ情報は、彼女の故郷が移民のための航宙艦どころか、
初歩の内燃機関すら存在しないその星だと告げていた。

「有るはずものが無く、無いはずのものが有る、その星の名は『ダフティーネ』。
異形の獣と過ぎたる力が、『月影の梯子』を求め永久の戦いを繰り返す星」

一人の少女の故郷を探す旅の果てに、
イヴリーシュたちは星の海に潜む闇と邂逅する。

≪エピソード3 プロローグ≫
星の海の戦火を駆ける青年は『地球人の遺伝子』を持っていた。

ダフト星系に潜む謎を紐解き多くの仲間を得た艦長達だったが、
未来から来た少女ティカを未来に送り帰す約束は、未だ果たされていない。

艦長たちは多くの人と情報が集まる独立自治小惑星帯『スターダスト・バザール』を
擁するアズライト星系を目指す。
しかしアズライト星系では、ヒューマンの支配する惑星ラーザと亜人の支配する
惑星オーベルによる星間戦争が勃発していた。

戦火を回避しようとした艦長達は、惑星オーベルの戦災難民を中立地帯である
スターダスト・バザールに送り届けるために救命艇を操る
惑星ラーザの軍人、ヒース・ビューローと出会う。

戦災難民の保護と中立地帯への護送を依頼された艦長達はヒース達の臨時乗艦を許可するが、
検査に当たったヴァルカ・S90から驚くべき報告が上がる。

『ミスタ・ヒースは……地球人だ』
あるはずのない『地球人の遺伝子』が、艦長達を、新たな宇宙の謎の淵へと導く。

≪ゲームの特徴≫

1.簡単操作でシリーズ最速のアクションバトル!
2.シリーズ初の最大4人までのマルチプレイ!
3.スマホの限界に挑戦したハイエンドグラフィック!
4.歴代キャラクターを自由に組み合わせるオールスターパーティ!

開発:
トライエース
音楽:
桜庭統

星の海は繋がり続ける。
新たな物語は、その手の中に。

© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Screenshots
Read more
Ratings
more
Versions
Read more
3.3.0
September 03 2020
3.2.2
August 10 2020
3.2.1
July 27 2020
3.2.0
July 16 2020
3.1.0
June 25 2020
3.0.0
April 30 2020
2.13.0
April 16 2020
2.12.1
March 16 2020
2.12.0
February 20 2020
2.11.301
January 28 2020
2.11.2
January 23 2020
2.11.0
November 28 2019
2.10.3
November 14 2019
2.10.1
October 19 2019
2.10.0
October 03 2019
2.9.2
July 29 2019
2.9.1
July 19 2019
2.9.0
July 11 2019
2.8.1
May 30 2019
2.8.0
May 16 2019
2.7.0
March 28 2019
2.6.1
March 07 2019
2.6.0
February 07 2019
2.5.1
January 17 2019
2.5.0
December 13 2018
2.4.0
November 22 2018
2.3.0
November 08 2018
2.2.1
October 03 2018
2.2.0
September 27 2018
2.1.0
August 30 2018
2.0.2
August 06 2018
2.0.1
July 26 2018
2.0.0
July 19 2018
1.13.3
June 21 2018
1.13.2
May 24 2018
1.13.1
April 26 2018
1.13.0
April 19 2018
1.12.3
April 05 2018
1.12.2
April 02 2018
1.12.1
March 29 2018
1.12.0
February 28 2018
1.11.3
February 15 2018
1.11.2
January 31 2018
1.11.1
December 14 2017
1.11.0
December 08 2017
1.10.1
November 16 2017
1.10.0
October 26 2017
1.9.1
October 03 2017
1.9.0
September 24 2017
1.8.1
August 12 2017
1.8.0
July 30 2017
1.7.0
June 29 2017
1.6.1
June 10 2017
1.6.0
June 01 2017
1.5.0
April 29 2017
1.4.1
April 06 2017
1.4.0
March 23 2017
1.3.2
March 09 2017
1.3.0
February 28 2017
1.2.1
January 28 2017
1.1.1
January 12 2017
1.1.0
December 22 2016